<BBeeの特徴>


  ①防犯警報、火災報知、緊急通報が素早く、効果的になされること(センサー)
  ②異常事態を的確に知ることが出来ること(電話通報)
  ③設置や操作が非常に簡単なこと


 <BBeeの仕組み or  組合せ>  (全てに共通です)


 1. 配線不要    = 無線式 (暗証番号ID付無線=混信のない方式)
 2. 組合せ自由   = 個々の機器のIDを本体へ登録するだけでシステム完了
 3. 登録数     = 40個(窓や鍵の閉め忘れ用のクレセンサーの場合は20個)
 4. ID登録     = 本体のID登録用SWをOnにし、各リモコン、センサーの無線を
           送信するだけで追加、削除自由 (二重登録は自動的になし) 
 5. 無線到達距離  = 見通し20m(木造戸建て2FまでOK、鉄筋、鉄のドアのマンションでは
              15~18mと短くなる場合がある)

  
   



 <BBee-A、BBee-C、BBee-D の出来ること>

 BBee-A 1.防犯専用(火災、緊急は対応出来ない)
       2.警戒On/Offはリモコンで行う
       3.電話通報機は、有線で接続
       4.無線の外部警報機は付かない(送信機が付いていないため)
       5.オプションで停電対応バッテリ内蔵出来る(注文時に)
       6.本体から警報音(100dB)
       7.電源 100V プラグ(コード長=1.8m)(PSE申請済)

 BBee-C 1.防犯、火災、緊急の出来るホームセキュリティ
       2.警戒On/Offはリモコンで行う
       3.全ての外部警報機と組合せできる
       4.電話通報機は、有線と無線の両方で接続できる
         無線の場合は、無線スイッチ接点と組み合わせる
         (電話通報機は電話機の側に固定したまま、本体は移動して使用可
       5.停電対応バッテリ内蔵は、注文時にオプションで出来る
       6.警報音100dB
       7.電源 100V プラグ(コード長=1.8m)(PSE申請済)

 BBee-D 1.防犯、火災、緊急に対応でき、角形で、壁掛けタイプ
       2.警戒On/Offはリモコン(BBee-Ds=本体機器にOn/OffのSW付)
       3.全ての外部警報機と組合せできる。
       4.電話通報機は、有線と無線の両方で接続できる
          無線の場合は、無線スイッチ接点と組み合わせる
         (電話通報機は電話機の側に固定したまま、本体は移動して使用可)
       5.停電対応バッテリー標準内蔵
       6.戸締まり忘れのセンサー(クレセンサー)も付けられる
       7.警報音110dB (車のクラクションを2m先で聞いたと同じ音量)
       8.電源 100V プラグ(コード長=1.8m)(PSE申請済)

  表にまとめる BBee-A BBee-C BBee-D 備考
防犯 リモコンで警戒On/Off
火災 X 煙式、熱式センサー対応
緊急 X 携帯式、固定式の非常SW対応
電話通報機(有線) 複数先に音声で異常通報
電話通報機(無線) X 無線スイッチと組合せ
停電対応内蔵バッテリー オプション オプション 4時間BackUp(充電式)
外部警報機(警報音110dB) X 110dB=車のクラクションを
2m先で聞いた音量と同じ
本体警報音量 100dB 100dB 110dB
電源 100Vプラグ 100Vプラグ 100Vプラグ PSE申請済(ACアダプター不要)



 <BBee 開閉センサーの特徴>


  1.開閉センサーの構成

        
       「開閉センサー本体」 と 「マグネット」の一対

   2.開閉センサーの動き 
       信号送信の時、赤いLEDが点滅する
      窓やドアが閉まって →  センサーとマグネットが
      いるときの位置      1cm以上離れると異常発生送信

   
  3.開閉センサーを取り付ける  

      
     
     引き違い窓やドアに開閉センサーを付ける手順
    1.引き違い窓の場合は、2枚が重なる中央のクレセント(窓の鍵)が付いているサッシ面に
      センサー本体を貼ります。
    2.センサーやマグネットを貼る場所からホコリや油分を拭き取る
    3.マグネットの保護シールを剥がし、ガラスに貼る。
    4.センサーの保護シールを剥がし、マグネットの位置に合わせてクレセント面のサッシに貼る
    5.ドアも同じ要領で貼るが、マグネットを扉に、センサーを動かない柱などに貼る(逆にすると
      送信機のあるセンサー本体が大きく動くので、BBee本体の受信感度が下がる場合がある)
   
   3-1 S-開閉センサー
      ルーバー窓の様に、図3のようにセンサーを付けられない時は、S-開閉センサーを使う
      
      S-開閉センサーは、図5の様にマグネットと同程度の大きさのセンサーが、コードの先に
      付いているのでセンサー送信部から離れて、マグネットとセットすることが出来る。 
      マグネットの向きを変えるためのL金具も用意されています。
     (コードを切断されても異常発報するのでご心配なく)

  4.開閉センサーの電池   
       左は両面テープの付いている底ケース 右が送信機等
      リチウム電池は、CR2032でコンビニでも売っている汎用品。
      電池寿命は、1日30回程度の頻度で使用しても、2年以上3年程度は充分もつ。
  
      ☆ 開閉センサーのケースは、底のケースと基板や電池が付いている上ケースの嵌め合いから
        成っていて、底ケースに両面テープが付いている。 
      ☆ 電池交換の時は、センサーの上ケースを真上に引き離し、手元に持ってくることが出来る
        ので、交換が容易である
  

  5.開閉センサーの色
     カラーサッシに色を合わせることも出来ます。
    (防犯上は、センサーが付いていることを目立たせて、抑止効果を狙う方がベターですが、
     インテリア的には、白い窓枠に紺色のセンサーではと、お考えの方は合わせた色をお選び
     頂ければと思います。)

      


 <警戒On/Off リモコン の特徴>

  1.リモコン
     
      リモコンのストラップを小指で押さえる向きに持ち、On/Off ボタンを押す。
      警戒Onボタンは、2つのボタンの親指から遠い方で、近い方がOff ボタン。
      警戒 Onボタンを押すと、本体が警戒状態になったことを示す音「ピピイ」
      警戒 Offホタンを押すと、本体が警戒解除になった事を示す音「ブブウ」と知らせる。

      警戒On/Offは、外出時は、ドアの外から、帰宅時もドアの外から作動させる。
      「ピピイ」、「ブブウ」の音で、警戒開始、警戒解除を確認します。
      これらの音が聞こえない造りの場合は、ランプで状態を知らせる
      「玄関表示灯」が用意されている。(オプション)


 <BBeeの基本セット>

   BBee本体 1台、 リモコン1個  開閉センサー2個 を基本セットとしており、
  それぞれ個別に購入されるより、廉価になっている。 勿論、開閉センサー、リモコンのみならず
  他の赤外線センサー
(人感センサー)火災センサー、非常スイッチ、或いはブザーやフラッシュブザー
  無線センサーライト等々と順次追加の都度、IDを登録するだけで組み合わせることが出来る。
  ID登録、削除はご購入者がご自分で簡単に行う事ができます。
  (ID登録、削除の方法について=
ここクリック
  

   
    図9は、BBee-D基本セットに、開閉センサー7個、火災センサー、無線センサーライト、
    電話通報機を追加して充実した機能を持たせた一例です。 
    戸建て、マンション、事務所に合わせて、それぞれ最も適した
    本体、センサー、警報機などを、自由に選ぶことができます。

    1Homeに戻る (クリック)


BBee の詳しい解説 I

(株)エー・エス・ブレインズ ASBrains Inc    2009/6/1