TEL. 022-342-5388
〒981-3203 仙台市泉区高森2丁目1−40
21世紀プラザ研究センター316

本文へスキップ

ASB ASBrains Inc.
(株)エー・エス・ブレインズ                                


確かな技術と自由な発想 高齢化社会に役立つ商品をご提案します

株式会社エー・エス・ブレインズは、
センサー・無線の応用製品を開発・製造・販売する会社です





一人暮ら高齢者 そっと見守る An・pi君
家族向けキャンペーン


年老いた親をひとり故郷に残している息子、娘は、いつも心の片隅に「心配」を抱えています。 

そっと見守る「An・pi君」はその心配を「安心感」に変えてくれます。

体調を崩して寝込んでも心配させまいと子供には”具合わるい”なんて電話をしませんが、

「An・pi君」の通報があるので、子供から大丈夫? 元気? と電話できま
す。 

こんな時、親は幸せを感じるではないでしょうか!           An・pi君 詳細

                          
                     An・pi君 ご購入フォーム ⇒

 
「An・pi君」の特徴 (クリック) 
1.室内で動けない状態(急病、骨折など)を安否異常発生として、全自動で数時間以内に通報します。通報先として3件の電話番号が登録でき通報内容はショートメールで配信されます。
2.病気や体力低下で、1週間(任意設定)外出も来客も無い状態で生活していることを体調不良の引き籠もりとして報せます。
3.”元気です!”の通報を、例えば毎週土曜日の夜8時に来る様にもできます。
4.ご夫婦のお宅にも設置でき、どちらかが認知症の徘徊が始まりだした時、外出、帰宅を知らせることもできます。
5.安否異常の通報を定時に知らせる設定もあります。
3.機器正常(無線受信、電源が正常)をセルフチェックし異常機器を通報します。
4.センサーの電池寿命、10年間に伸長。交換不要メンテナンスフリー。
5.無料アプリで通報先、見守り時間など登録や設定操作非常に簡単になった。
6. 機器数 全3台(本体1、センサー2)になりました。設置が更に容易。
7. 無線式ですから配線工事なし。
8.通報先は、家族、大家、管理組合、自治会など自由に選択出できます。通報頻度は、およそ1%程度ですし、本システムは誤報がないので見守り負担は、少ないのではないでしょうか?

ASB最新ニュース 2018年4月24日(火) 募集「An・pi君」 販売店クリック

☆ 先般(3月24日)北海道大家塾(原田塾長)のセミナーで「An・pi君」についてお話しさせて
  頂きましたが、そのセミナーの記事が住宅産業新聞(第988号)に掲載されました。内容はクリック

☆ 3月31日(土) 仙台の不動産会社 株式会社ハートフルハウスさんは、「An・pi君」をご利用下さって
  います。今回、賃貸アパートマンションオーナー様向け「ハートフルハウス便り」今月のテーマの中に
  ”賃貸アパート・マンションの孤独死問題”のタイトルで、An・pi君を取り上げて下さいました。
  以下内容抜粋
  ・高齢者より30〜50代の方の孤独死が圧倒的に多かったそうです。(0人 vs 8人)
  ・急に無くなる人もいますが、意識がなくなってから数日は存命している例が殆どですからその間に
   発見できれば救命することもできます。
  ・今後精神障害などで生活保護を受けている方には、入居条件として「An・pi君」設置を条件とします。
  賃貸住宅に住む方の孤独死対象者は、高齢者だけでないのが驚きでした。倒れて数時間以内に発見
  できたら救急車を呼び救命出来る人が多と言うことは、「An・pi君」はますます大切な働きができる
  可能性を持っていると確信できました。 下図 クリックするとハートフルハウス便り
              
☆ 3月24日(土) 北海道大家塾セミナーで「An・pi君」を80分間ご説明させて頂きました。
  場所:北濃健保会館 大会議室 13:00 〜17:00。 
  昨年の夏、東京での全国賃貸住宅フェアでお会いして北海道大家塾で
  話してくれませんかと依頼されたものです。
  約80名の皆様に熱心に耳を傾けて頂きました。
  An・pi君に対して高評価のお言葉を沢山頂きました。
  塾長の原田様には、このような機会を頂き心から感謝致しております。
  

☆ 「守り人」プロジェクトでCare City 「超高齢社会のまちづくり展」東京ビッグサイトに出展しました。
  明日3日目応援に行きます。 An・pi君も展示しますので、ご興味ある方はどうぞご来場下さい。
  これからの高齢社会では見守りシステムは必要不可欠なものです。それ故に見守る方も見守られる方も
  負担にならず、コミュニティ内で相互に見守る体制が作れる様な機器システムがあると良いのではないか  と考えます。「An・pi君」がそれに貢献できる様に頑張っています。

☆ (株)リフォーム産業新聞社主催の宮城・仙台リフォームフェア2018 1/20,21 終了しました。
  土日開催、こっども向け、大人向けショーの併催もあり、来場者数は、かなり多かったと感じられました。
  弊社出展の人気ランキングは、「An・pi君」、「SmaCon]、「BBee110m」の順でした。
    1.一人暮らしの @倒れて動けない状態 A病気などで引き籠もり状態 を見守る「An・pi君」
    2.侵入者や火災から守る防犯装置や火災警報器 「BBee」「火災通報器」。
    3.緊急事態、故障発生を報せる電話通報器 「BBee110」「BBee110m」。
    4.誰でもその日から使える簡単遠隔コントローラ 「SmaCon」

☆ 一般のお客様は、「ASB store」 から直接ご購入できます。


「An・pi君」見守りサービス始めました


☆ 全国賃貸住宅新聞に「An・pi君」の改良版について記事になりました。
  益々信頼性の高いAn・pi君になりました。記事へ(クリック) 「An・pi君」へ(クリック)

☆ 展示会出展:弊社ブースにお寄り頂いた皆様、有り難うございました。管理会社、不動産会社、オーナーの
  どの方々も「孤独死早期発見システム」は真剣にご検討されていることが分かりました。
  
  今年は、高齢者住宅展が7月18、19日、賃貸住宅展が25,26日 5日間の近さで開催され
  両方に出展したので少々きつかったけれど、4日間”守り人”の熱い応援を頂き本当に有り難かったです。
  応援のお陰をもちましてビジネスに繋がりそうな方々とのご縁を頂くことができました。

☆ 福祉用具情報システム(TAIS)にAn・pi君が登録。TAIS検索 企業コード:01397 分離コード:215190
  商品名:An・pi君ケア・アラーム 特徴: 一人住まいの居宅介護で、訪問後に@数日間寝込んだ
  A急に倒れて動けなくなった場合に通報します。介護訪問の補完ツールになります。クリック

☆ 「守り人」プロジェクトがスタートしました。住まいの相談、訪問介護、老後の一時金、
  老人ホーム紹介、安否見守り、お葬式、遺品整理などそれぞれのプロフェッショナル企業が
  タッグを組んで取り組みます。しかもコールセンターで24時間受付け、最適な企業が責任を持って
  対応する仕組みです。
         

☆ 公益財団法人みやぎ産業振興機構発行の
  ”みやぎ匠の手帳2017〜医療、健康、福祉機器関連企業ガイド〜”  
  に弊社も掲載されました。 クリック
☆ 「An・pi君」のつぶやき。
  ”買取り”でなく”レンタル”に出来たら、もっともっと利用して貰えると思っています。
   町内会・団地やマンションの自治会・管理組合など一人住まいの高齢者が増えています
  から、何とかしなければと考えています。
  シンプルで手間の掛からない見守りシステムで、ランニングコストも不要な
  「An・pi君」を是非とも利用して頂きたいのですが、まとまると機器導入費が大きく
  なり導入に踏み切れない様です。
  レンタルで月々に分割することが出来たら導入が容易になります。
  どこかに居ないでしょうか? 余裕があって「An・pi君」のレンタル事業を共同で進めても良いと
  思われる人! 

☆ 約5年前に札幌の九十郎ハイム様に「An・pi君」をご購入頂きました。九十郎ハイムは、シニアの
  「安全」で「安心」に「元気」に暮らす住まいを提供しています。久しぶりにHPを拝見し、
  ここにご紹介したくなりました。 クリック

☆ 宅建協会で配布して頂いたチラシを見て「An・pi君」をいいなと評価してくださり、ブログに書いて
  下さったところ((株)サンアイホーム)を偶然見つけました。シンプルな仕組みで一人暮らしを見守る
  ところを気に入ってくださいました。正に開発者の狙いもそこにありました。ありがとうございます。
  クリック

☆ 高齢者のインフルエンザはこじらせると危険です。販売店様から連絡を頂きました。
  離れて暮らす母親の安否異常を知らせる”An・pi君”の通報を娘さんが受け電話を掛けましたが応答が
  ないので駆け付けたところ、衰弱して動けなくなっていたそうです。診察されたお医者さんによれば、
  抵抗力の少ないお年寄りはインフルエンザで亡くなることは少なくないそうです。
  今回の事例もあと1日遅れれば亡くなる可能性が高かったとのことでした。(本当に良かったです!)
  
☆ 東北管連(東北マンション管理組合連合会)のM-net 新春特大号に9月の研修会が記事になりました。
  「An・pi君」の説明、西公園マンションの浅野理事長の利用事例の発表が記載されています。 クリック
 謹賀新年 本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。
☆12月1日から正式に(株)東北宅建サポートセンターの提携企業になりました。
 宮城県の宅建協会の会員様に「An・pi君」をご紹介、販売することが出来る様になりました。会員様がご覧になっておられましたら、是非一度ご連絡下さい。Opening特典を考えています。  クリック

☆「An・pi君」の強い味方が現れました。(株)カワイコーポレーションの「親切大家さん」。
 高齢社会の大家さんの悩み、賃貸住宅に入りたいのに入れない高齢者の悩みを解消する、4つの親切
 @24時間365日”倒れて動けない””寝たきり状態”を知らせる、そっと見守る「An・pi君」
 A連帯保証人不要、家賃滞納対策としてセゾンカードで「身元保証」
 B入居者に起因する家主の損害をを補償する三井住友海上の「家主費用・利益保険」
 C認知症や寝たきり の兆候をチェックするWHODASの「心と体の健康測定」
 を一つにした月額7000円のパックです。(クリック)

☆ 月刊誌 ”セキュリティ研究216” にインタビュー記事が掲載されました。クリック 
 「元気な企業、元気な社長」”親子センサーで、一人暮らしの安否を知らせる”  
 
☆ 東北マンション管理組合連合会は、”もう待てない、マンション居住者の高齢化問題、
  課題と解決のヒントそして実例”と言う研修会を開きました。9月18日
  弊社も約70名のマンションの役員の方々へ「An・pi君」をご説明することができました。
  タイトル通り具体的に動き出す必要性を感じておられる様子が分かりました。
  9月18日(日) エル・パーク仙台5Fセミナーホール ご案内のチラシ クリックで拡大
  
☆ 高齢者住宅フェア2016in東京に出展しました。従来になく、「An・pi君」の取扱をその
  場でご希望される企業様が数社現れ、驚くやら嬉しいやらでした。始めて見てその場で
  決めることはないでしょうから                          
  連続して出展した効果ではないでしょうか? クリック
☆ 賃貸住宅フェア2016、An・pi君に対する理解者や応援団が増えた気がします。
  駆け付けを含んだ、利用しやすいAn・pi君システム商品を構築すべきであると感じた
  展示会でした。 展示会模様 クリック
☆ 集合住宅の火災警報システム 概算見積ページ 追加しました。クリック
☆ 「An・pi君」販売店を募集します。詳しくは採用情報のペ-ジをご覧下さいクリック
☆ 婦人公論(中央公論社)11月24日号 p131 に「An・pi君」記事  クリック
  ”老親みまもりサービス最新事情”ライフスタイルに合わせて選べる様に厳選された
  4つのサービスを紹介
  @センサー系=エー・エス・ブレインズ A駆け付け系=ALSOK B訪問系=日本郵便 
  C生活把握系=象印マホービン に分けて、それぞれの特徴をとらえて記事にしています。
  第三者視点ですから”一人暮らし親の見守り”を検討している方には参考になると思います。


☆ 防犯システムナビ(賃貸住宅展)の取材「高齢者をスマホで見守る「An・pi君」紹介 クリック
☆ 日刊工業新聞(国際福祉機器展)の取材「ここまできた高齢者サポート」にAn・pi君紹介クリック 
☆ 神奈川県 高齢社会課「センサー機器等による高齢者見守り・安否確認サービス実施企業
  一覧」 No.22
クリック

新製品  めっちゃ簡単な ”遠隔コントローラー”

新製品 「Sma-con」
  • スマートフォンで離れた現場の”室温や水温等”を確認出来き、設定値超えを自動受信する。
  • スマフォから本体「Sma-con」経由で機器のスイッチをOn/Offできる。
  • 本体「Sma-con」と各種機器間の接続は、有線又は無線です。